営業時間・定休日
営業時間

10:00 ~ 19:00

 
定休日

火曜日・第1 / 3水曜日(祝日は営業) ※2018年7月より

 
電話番号

042-862-0500

 
 
住所

〒194-0003

東京都町田市小川7-9-22

リクルート

スタッフブログ

   
2015/03/20  ショールームダイアリー 
LET'S TRY!!
 
こんばんは!
フィアット横浜町田相澤でございます!

恥ずかしながら初の挑戦となりますが・・・
タイヤ交換!やってみました!

今日はスタッドレスタイヤからノーマルへの変更!
始めはあえてリフトを使わず、ジャッキアップでのトライ!

タイヤについているボルトを、十字レンチで外します。

む?意外と固い。
力みすぎてズボンのおしりが破れる恐れが(1回目)。
次は装着するタイヤをはめるのですが、ドラムブレーキの中央にある
ドーム型のハブと、飛び出している突起にホイールを合わせてセンターを合わせます。が、タイヤの重みでなかなかうまくいきません。。。
ズボンのおしりが破れる恐れが(2回目)。
無事センターが決まったらボルトを付け直します。
十字レンチでググっとしてめた後は、すべてのボルトのトルクを一定に締めるように、専用のトルクレンチでカチカチっというまで締め付けます。
ズボンのおしりが破れる恐れ・・・(しつこいけど三回目)。



このボルトのトルクが一定でないと、ボルトが外れる可能性があり、非常に危険、というわけです。

500などにはスペアタイヤが積んでありますね。万が一出先でパンクして交換
しなくてはならないとき、トルクレンチはほとんどの場合持ち合わせていないはずです。
車載のレンチで思いっきり締めて、なるべく早いタイミングで工場にお持込くださいね。
あとは山形プロの登場。
リフトでひゅーんと上げて、電動のレンチで

キューン・カン、
キューン・カン・・・

とあっという間にボルトをはずし、いとも簡単にぽこっとホイールをはめ、
わたしが一本交換する時間の半分以下の時間で三本交換しちゃいました。

かなわないのは当然・・・ですが、あらためて技術を目の当たりにすると驚くばかりです。
こんな技術のプロがお客様のお車の整備や点検を実施しています。
営業とはいえ、車屋さんです。タイヤ交換は練習してできるようになっておこう・・・
と気づかされた体験でした!

時間はかかるかもしれませんが、技術的にも頼れる営業マンになります!
 
2015年03月(20件)
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ページ上部に戻る