スタッフブログ

フィアット、アバルトのオフィシャルディーラーサイトがリニューアルしました。
スタッフブログは新ブログで更新いたしますので、この機会にぜひご覧ください!
※旧ブログには最新の記事は更新されません。下記のバナーより新ブログをご確認ください。
   
2013/11/27  ショールームダイアリー  セールス 敷地 政秋
ホィールボルトのこと
敷地 政秋 / シキチ マサアキ
[セールス]
 
弊社で扱っておりますアルファロメオ、フィアット
アバルトは、欧州車であります。
したがって、タイヤホィールは、ハブに対し
ボルトで固定されます。(メリット、デメリットは
多く意見交換されておりますが。)
そのホィールボルトが、日本仕様はこの春頃から、
少し変わりました。
ボルトヘッドの六角部分が、以前は金属の塊に対し
肉抜き?に変更になっております。
ちなみに、工場から秤を借りて測ったところ
塊ボルトが、65.9g 肉抜ボルトが58.6gであり
1本のボルトで7.3g軽くなっております。
フィアットの場合、1本のタイヤホィールに
4本のボルトで固定され、タイヤホィールは4本ありますので
ボルトの数は、16本になります。
7.3g×16本で合計116.8gの軽量化につながります。
ばね下重量の116.8gの軽量化、また、高速で回転するボルトたちの
遠心力など考えますと、きっといいことだと思います。

 
2013年11月(26件)
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ページ上部に戻る